過去の演奏会レポートです♪

クリスマスコンサート(2017/12/17日曜 昼公演 於:旭区民センターサンハートホール)

「ソレイユフィルハーモニー クリスマスコンサート」(2017.12.17)は、満席のお客様にご来場いただき、無事終了いたしました。
 当日、ご来場いただいたにも関わらず、ご入場いただけなかった方々に、まずは来場のお礼とお詫びを申しあげます。 今後とも、「ソレイユフィルハーモニー」をよろしくお願いいたします。

街が「クリスマスカラー」に彩られ、様々なクリスマスソングが流れる季節真只中の、12月17日(日)、「ソレイユフィルハーモニークリスマスコンサート」を開催しました。
 当日は、予想を上回るお客様の来場で、開場を10分程度早めましたが、開演10分前で客席がほぼ埋まってしまい、開演時間前に来場されたにもかかわらず、入場できなかったお客様がいらっしゃいました。
 出演者も客席に出て、お客様に座席の詰め合わせをお願いしたり、受付にて入場をお断りしてロビーのモニターで鑑賞をお願いしたり…というスタートとなりました。
 来場のお客様方にも、気持ちよく席の移動やお子様のお膝の上での鑑賞にご協力いただき、何とか、定刻に開演することができました。
 その後も来場者はいらっしゃいましたが、すでに入場はできず、ロビーにてモニターでの鑑賞をしてくださった方も多数いらっしゃいました。
 皆様のご協力に感謝いたしますとともに、重ねてお詫びを申しあげます。

(写真はリハーサルの様子です)

第1部は、弦楽合奏、管楽合奏のプログラムです。
 まずはクラシックの名曲を続けて
*グノー 小交響曲
 Fl1、Ob、Fg、Hr、Cl各2の9重奏です。
 ソレイユの管楽器奏者9名が奏でるアンサンブルで、1,2,4楽章を演奏しました。管楽器アンサンブルの、柔らかくまた時には華やかな響きは、コンサートのスタートにふさわしかったのではないでしょうか。

*エルガー 弦楽セレナーデ 
 数ある弦楽セレナーデの中でも多くの弦楽器奏者に好まれ、演奏される機会も多いこの曲に、いよいよソレイユでも取り組みました。数名のエキストラの皆さんに助けていただいて、当日は思う存分表現できました。

 次は映画とミュージカルの名曲を
*ジョン・ウイリアムズ ハリーポッターメドレー
 短いメドレーでしたが、映画でも有名な旋律をお聴きいただけたと思います。

 ソレイユでは、弦楽器の団員がまだ不足しています。ホームページをご覧になって、ソレイユフィルハーモニーに興味をもっていただけましたら、ぜひ、弦楽アンサンブルなども経験でき、楽しみながら技術を高めることができるソレイユフィルハーモニーの仲間になってください!!

*シェーンベルク レ・ミゼラブル
 「シェーンベルク」といえば、「12音音階」の音楽で有名な作曲家として知られていますが、レミゼの作曲者であるこちらのシェーンベルクは、その12音音階のシェーンベルクの弟の孫に当たります。この音楽もミュージカルの上演で日本でもとても親しまれた音楽です。管楽アンサンブルというよりは管楽合奏といえる大きな編成ながら、オーケストラであるソレイユらしさを失わないように工夫をしました。

休憩の後は・・・
*チャイコフスキー バレエ組曲「くるみ割り人形」
 くるみ割り人形のお話、知っていますか?なぜ「くるみ割り人形」がクリスマスに演奏されるのか。お話の舞台がクリスマスイブの夜のできごとだからなんです。
 そんなくるみ割り人形のストーリーを音楽を通して知っていただきたい、と、スクリーンへの映写とナレーションとともにお楽しみいただく演出をしました。
少女クララと、ぶかっこうな兵隊のお人形さんのお話を楽しんでいただけていたら幸いです。

 演奏終了後は、暖かく大きな拍手をいただき、アンコールにおこたえして、アンダーソン作曲「そりすべり」を演奏しました。

「ソレイユフィルハーモニー」のサンハートでのコンサートも回数を重ねてきましたが、今回初めて定員を上回る来場者となり、うれしいと同時に、場内でお聴きいただけなかった皆様には大変申し訳なく思っています。
 しかし、それだけたくさんの方に楽しんでいただけている、ということでもあり、今後も様々な楽曲を、工夫を凝らした演出でお届けしていきたいと考えています。
 今後ともソレイユフィルハーモニーをよろしくお願いします。
 次回演奏会は、2018年7月14日(土)旭区民文化センター サンハートホールにて 「第5回チャリティコンサート」です。次回もたくさんの方のご来場をお待ちしています。

第4回チャリティーコンサート(2017/7/15土曜 昼公演 於:旭区民文化センターサンハートホール)

7月15日(土) 3連休初日。 朝から外はとても暑く、関東地方の梅雨明けはまだとは言え、まるで真夏の暑さを感じさせるような天気でした。

 

本番当日、午前中はホールでリハーサルです。
演奏者数も徐々に増えてきたこともあり、今回はステージを少し広くする工夫をしました。
団員は、朝9時に集合して、まずはステージづくりから。
セッティング係リーダーの的確な指示のもと、てきぱきとあっという間にステージができあがりました。そして、後半のプログラムでは、映像の演出も行うため、スクリーン、プロジェクターとパソコンの準備にも余念がありません。
午前10時、リハーサル開始。
ロビーでは受付お手伝いの方々が、当日券販売やプログラム等の準備をしています。
団員がリハーサルをしている時間帯にも、当日券を求めに来て下さる方が!!
開場時刻前までに、当日券として用意したチケットはほぼ売り切れました!!
ありがとうございます!!
サンハートでの前売り券購入や、メールやHPからのチケット予約もたくさんしていただきました。
また、演奏会近くになると、いくつか掲載させていただいた演奏会情報をご覧になった方々からの問い合わせもいただき、そして、演奏会当日チケットは完売!となり、団員は皆、心踊り、ワクワクして本番を迎えることとなりました^^
ありがとうございます。
13:30開場。お客様は続々と入場。
13:45来場の皆様にお知らせとお願いのアナウンス。
そして・・・・・
13:50頃、少し早めの「予ベル」。
ステージ上では、何人かの団員がウオーミングアップ中・・・と、思いきや・・・???
突然ステージ上は静まりかえり・・・
会場に響くピッコロの♭B(シのフラット)。
・・・と、それに答えるかのように、クラリネットがF(ファの音)を・・・・・
「おやおや???」とクラリネット奏者の方をのぞき込むピッコロ奏者。
もう1度、2度・・・♭B・・・F ♭B・・・F ・・・・・と今度は細かいリズムで♭BBB・・・とファゴットの音色。「おやおやおやおや?????」とファゴット奏者の方を見るピッコロ奏者。次はオーボエがFF・・・と答える・・・  オーボエ奏者に向けて「Good!!」の合図を送るピッコロ奏者。
ここまでの音を続けて鳴らしてみると・・・なんとすばらしいサンバのリズムができあがり、ウオーミングアップ中のメンバーみんなで乗りの良いリズムを奏でる!!・・・そのリズムに乗って始まったのは・・・「村祭り」でした。
ブラジルと日本が融合したノリノリのプレコンサートで、会場が音楽の雰囲気に包まれると、間もなく開演です。
モーツァルト 歌劇「魔笛」 序曲
ドヴォルザーク 「スラブ舞曲」第1番、第10番
   ~休憩~
ビゼー 組曲「カルメン」より 
    前奏曲 ハバネラ セギディーリャ ジプシーの踊り 闘牛士の歌 アラゴネーゼ トレアドール
アンコール ビゼー アルルの女第2組曲より「ファランドール」
モーツァルト 「魔笛」序曲は、これまでも練習の中で何度か音出しをしてきた曲です。今回初めてコンサートのプログラムに加えました。オペラの中の有名なアリアが、序曲にもそこかしこに見え隠れする、モーツァルトらしい楽曲です。演奏するのはなかなか困難な部分も多く、特に楽器同士のアンサンブル力が問われる曲でもあり、お客様に楽しく聴いていただくと同時に、団員にとっても大変勉強になる、演奏技術の向上にとても役立つ曲でした。
ドヴォルザークの2曲は、16曲あるスラブ舞曲の中でも有名でよく演奏されるものです。
勢いがあって躍動的な第1番、ヴァイオリンで始まる憂愁この上ない美しさの旋律が印象的な第10番。どちらも聴いて楽しいのはもちろん、演奏する側も楽しく、やりがいのある曲です。
休憩後は組曲「カルメン」から。ナレーション付き、映像付きの物語仕立てでお送りしました。
今回、プログラムの挿絵と当日のイラストを、たかはしけいこさんに描いていただきました。
カルメンの妖艶な魅力だけではなく、男性を引きつけて放さない、カルメンの「かわいらしさ」「無邪気さ」が伝わってくるすてきなイラストと共に、音楽を会場の皆さんにお聴きいただきましたがいかがだったでしょうか。
そして、今回も温かい拍手にお応えして、アンコールにもう一曲。
カルメンの作曲者であるビゼーの代表作の一つ、アルルの女第2組曲から「ファランドール」をお送りしました。
今回のプログラムでは、打楽器とトロンボーンが出ずっぱりではないにせよ、要所要所で機微の効いた演奏を披露しましたが、その2パートが大活躍する曲で最後は豊かな音量で盛り上がり、勇ましく終わる曲でしたので、長い時間の鑑賞でそろそろ飽きてしまっていたお子さんたちもリズムに乗って最後の曲を聴いていただけていたのではないでしょうか
迫力と勢いのある曲で終演した、その余韻の残る中、終演後も会場は熱気に包まれ、ロビーではご来場の皆さんと団員との交流のひとときももつことができました。
今回、チケットを購入いただいた収益の一部と、当日の募金を合わせて、災害義援金として寄付させていただきます。
この取り組みも、第1回から続けており、毎年どこかで新たな災害が起きてしまっていることに心を傷めながらも、少しでもお役に立つことができれば、と続けています。
寄付の詳細については、後日Web site上でご報告いたします。
さて、次回ソレイユのコンサートは
12月17日(日)旭区民文化センター サンハートホールにて
「ソレイユフィルハーモニークリスマスコンサート」です。
次回のメインプログラムは、クリスマスにぴったりの「あの」曲です。
近々フライヤーもできると思いますので、楽しみにお待ちください。
次回も、ご来場の皆様と楽しいひとときを共有できるコンサートを企画して参りますので、ぜひまたお出かけくださいね!

また、皆様とお会いできることを楽しみにしています。

ニューイヤーコンサート(2017/1/15日曜 昼公演 於:旭区民文化センターサンハートホール)

いつもソレイユフィルハーモニーのコンサートにご来場いただき、ありがとうございます。
年が明けて2週間。
新年コンサート始めはソレイユで!!・・・と言うことで、「ニューイヤーコンサート」を盛況のうちに開催いたしました。
二俣川サンハートホールで、年に2回のコンサートをさせていただいていますが、これまでで一番たくさんのお客様にご来場いただきました。本当にありがとうございます。
開演後、空席が見つからず、少しの間立ち見となってしまったお客様。大変申し訳ありませんでした。
皆さんが座れるように、席を詰めてくださったお客様。大変助かりました。ご協力ありがとうございました。
1部は「アンサンブル」
団員が6つのチームに分かれて、様々なアンサンブルをお楽しみいただきました。
「アンサンブル」は個人の技術はもちろん、合わせるという「アンサンブル力」を求められます。
合わせる練習を通して、楽しみながら技術の向上を目指し、お客様に楽しんでいただけるよう工夫を凝らしました。
終演後にいただいたアンケートにも、「アレンジが楽しい」「お客さんとの一体感があった」「家庭的で肩のこらない良いコンサートだった」・・・などのうれしい感想をいただきました。
 
2部は「ペールギュント第1組曲」
ペールギュントのお話を解説しながら、4曲を聴いていただきました。
こちらも、「解説がわかりやすかった」「説明があったのでわかりやすく楽しめた」という感想をいただきました。
今回は、前半アンサンブル、後半オーケストラ というプログラムとし、多様な形態やアレンジの曲をお送りしましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。
「楽しかった、また来たいです」「一緒に弾きたくなってしまいました」・・・・という声をアンケートを通していただき、団員一同とてもうれしく思っています。
新春の休日、皆様とご一緒できましたことを感謝しつつ、次回コンサートもまた、よりよいものにしていきたいと思います。
ソレイユフィルハーモニーも、立ち上げてから間もなく3年になります。
団員も増えて、奏でる音色も充実してきました。
これからも聴きに来てくださる方が楽しめるコンサートの形を考え、工夫していきます。
次回コンサートは、7月15日(土)旭区民文化センター サンハートホールにて「第4回チャリティコンサート」です。
皆様のまたのご来場を心よりお待ちしています。

第3回チャリティーコンサート(2016/8/6土曜 昼公演 於:旭区民文化センターサンハートホール)

8月6日(土)ソレイユフィルハーモニーの「第3回チャリティーコンサート」にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
二俣川サンハートホールでのコンサートは今回で2回目です。
サンハートは駅から近く、とても恵まれたホールではありますが、オケも形になって来ていて少し手狭に感じます。
でも、開演時にステージから客席を見て、チケットを購入して、私たちの演奏を聴きに来て下さる方がこんなにいるんだなぁ…と感激しました。
今回は、前回に比べ団員が増えての本番となり、管楽器はほぼエキストラなしで本番を行いました。
弦楽器はまだエキストラさんに頼っていた部分がありますが、今回のコンサートを通して、ソレイユに魅力を感じ、私たちの仲間になってくださる方がいますように…と願っています。
プログラムは、ポピュラーあり、バロックあり、アンサンブルあり、シンフォニーあり、ソロあり…と、きっと楽しんでいただけたのではないかと自負しています。
当日いただいた寄付は、収益と合わせて災害義援金として寄付いたします。詳細はまた、ウェブサイト、Facebookにて、ご報告します。
私たちのコンサートを応援してくださった方々、客席で聴いてくださった方々、ありがとうございました。
次回は、2017年1月15日(日)二俣川サンハートホールにて、「ニューイヤーコンサート」です。これからも「ソレイユフィルハーモニー」を、よろしくお願いします。

さらに過去の演奏会↑についても是非ご覧ください♪