団員が順番に練習レポートを書いています!

ソレイユフィルの雰囲気や練習の内容が伝わるページにしたいと思います♪

2018年9月2日(日)練習

ファゴットのTが担当します。
ソレイユの練習日には珍しく、雨の日でした。

 

冬のコンサートに向けて3回目の練習です。
前半はアンサンブル。
後半は「イドメネオ」と「軍隊 3・4楽章」をやりました。

 

私はシュターミッツの4重奏に参加します。
伴奏部分の譜面は簡単なので、走りがちで、たまにでてくる連譜で焦る、となりがちな気がするので、メロディが乗りやすいようにリズムを安定させたいです。

 

オケ曲は、今日は人数が少なかった&今回の曲はクラリネットの休符が多いので、自分の吹いた音がすごく聞こえる状態でした。。。
指が回ってないところがとても多いので、練習して、合奏では運指ではなく曲の完成度をあげる練習ができるようになりたいです汗

 

たまに他の楽器の方が(特にお隣のクラリネットさんたち!)アドバイスをくださるので、大変ありがたいです。
これからもよろしくお願いします…!

 

そして、ヴィオラのOさんの影響で、アマゾンで軍隊のスコア本を注文してみました。スコアをちゃんと見ようとするのは初めてです。

 

個人練も合奏も頑張りましょう!

2018年8月18日(土)練習

朝晩の暑さは和らぎましたが、日中はまだまだ暑い日差しが降り注ぎます。
今回はホルンのIが担当です。

12月のクリスマスコンサートの練習も2回目となりました。
前半は弦、管と別れてアンサンブル曲の練習。
後半の合奏ではモーツァルトのイドメネオとハイドン交響曲100番「軍隊」の第1、2楽章を合わせました。

前半の分奏では、私はシュターミッツの木管四重奏に参加です。
ホルンの原譜は in Es で書かれています。
in Es の譜面を読むことは、それ程難しくははないのですが、読み替えのタイムラグ(頭の回転の悪さ)削減と、
ウィークデーにすっかりリセットされてしまう(記憶力の悪さ)ので、譜面を in F に書き換えました。
それでも16分音符のフレーズで指が回りません(汗)
もっと練習しなければ。

合奏は合わないところをつまみながら、合わせていきました。
まだ2回目ということもあって、合わないところが沢山あり、1楽章だけであっという間に時間が過ぎていきました。
時間が足りなくなり、2楽章はちょっと駆け足。
ホルンは比較的高い音域なので、不安定になりがちです。
安定して音を出せるようになって弦楽器と木管楽器、金管楽器ともっと調和できるようになりたいです。

今回の練習にはVnの見学者さんがいらっしゃいました。
また、ホルンのTさんも参加してくれました。ホルンが2本になると心強いです。
ありがとうございました。

2018年8月5日(日)練習

7月14日のチャリティーコンサートも無事開催することができました。

ご来場いただいた皆様、またご協力いただいた方々に御礼申し上げます。

 

本日の練習は次の12月15日開催予定のクリスマスコンサート向けて最初の練習日でした。
前半は小編成アンサンブルの合わせ、後半は全体演奏曲の初見大会という構成で、これから年末に向けて仕上がっていくのが楽しみです。

 

練習後に少し時間をとってチャリティーコンサートのふりかえりをみんなで話しあいました。
団員主体での運営なので毎回でてくる課題をなかなか払拭できませんが、みんなで協力してできるかぎりスムーズな演奏会運営ができるようにしたいと思っています。